宮城NW "わたしの小径"

NWをしていて、知らなかった道を発見したことってありませんか?車通りから外れた団地の中の遊歩道、距離はないけれど展望のよい場所に続く小径、四季の草花や景色を楽しめる場所など、、。

一人でもふらりと訪れたくなるような道を「宮城NW”わたしの小径”」として紹介していきます。

★情報をお待ちしています!

 

三太郎の小径


東北大学川内キャンパス付属図書館向かいから弓道部の部室横を通り、記念講堂の外側を周遊するかたちで支倉常長像脇を通りキャンパスを抜け仙台市博物館へ。再びキャンパスへ戻り中善並木を通って図書館入口付近に戻る4㎞の散歩道。ここが日本を代表する哲学者・阿部次郎著「三太郎の日記」から名付けられた「三太郎の小径」です。

「三太郎の小径」基本情報

場所 東北大学川内キャンパス
所有者  
所在地 ここクリック
交通手段

仙台駅西口バスプール9番青葉城址循環(理・工学部まわり)、「扇坂」下車

仙台駅西口バスプール16番交通公園(広瀬通経由)行、川内亀岡方面行、「川内郵便局前」下車

NWコース地図

ただいま製作中

体操スペース

 

距離 約4㎞
トイレ  
AED  
駐車場  
おすすめポイント キャンパス内は様々な樹木が生い茂り、特に東側には大きく成長したメタセコイヤの並木が見事です。春になるとキャンパス内の至るところに植えられている桜が満開となって、キャンパス全体が華やぎ、また、秋ともなればグラウンド下の石垣沿いに可憐な花をつけるハギを見ることができます。